ホームページ制作においてスタッフの方が顔出しNG場合の撮り方

BLOG

  • HOME
  • ブログ
  • BLOG
  • ホームページ制作においてスタッフの方が顔出しNG場合の撮り方

スタッフの方が顔出しNGの場合でも、歯科医院の撮影を行う際にはいくつかの方法があります。

○部分的な撮影

ホームページ制作でスタッフの方が顔を出さないようにするために、顔以外の部分を撮影することが考えられます。例えば、手や足、医療機器の使用中の手元などを中心に撮影することで、スタッフの個人情報を守りつつ、医療の雰囲気を伝えることができます。

○シルエットや背面の撮影

スタッフの顔が映らないようにするために、シルエットや背面からの撮影を検討することができます。スタッフが背を向けたり、明るい光源の前に立たせることで、顔が映らないようにすることができます。

○顔を隠すアクセサリーの使用

スタッフが顔を隠すアクセサリーを使用することで、顔を出さないようにすることができます。例えば、マスクやサングラス、帽子などを着用させることで、顔を隠すことができます。

○顔を加工する

スタッフの顔をモザイク処理やぼかし加工などで加工することで、個人情報を保護しつつ、撮影を行うことができます。ただし、加工する際には十分な配慮が必要です。

○被写体の代用

スタッフの方の代わりに、医療機器や診療室の様子、治療の手順などを重点的に撮影することができます。医療機器の詳細な撮影や治療の手順を捉えることで、医院の雰囲気や治療の質を伝えることができます。

○撮影場所の変更

スタッフの方が顔出しNGである場合、撮影を外部の場所や施設で行うことができます。例えば、歯科医院の外観や待合室、受付カウンターなどを撮影することで、医院の雰囲気やサービスを伝えることができます。

○クローズアップの撮影

スタッフの方が顔出しNGであっても、患者さんや医療機器のクローズアップを撮影することで、治療の詳細や技術力を示すことができます。患者さんの口元や治療中の様子をクローズアップで捉えることで、治療の質や安心感を伝えることができます。

○スタッフの了解を得る

最も重要なのは、スタッフの方々とのコミュニケーションを通じて、撮影の目的や方法について十分な了解を得ることです。スタッフのプライバシーを尊重しつつ、撮影を円滑に進めるために、事前にしっかりと打ち合わせを行うことが大切です。

○身体の一部を強調

スタッフの方が顔を出さないようにするために、身体の一部を強調して撮影することができます。例えば、手を使った治療中の様子や、患者さんとのコミュニケーションを取る手元などを中心に捉えることで、スタッフの個人情報を守りつつも、医療の雰囲気や治療のプロセスを伝えることができます。このアプローチは、スタッフの顔出しNGの場合に有効な方法の一つです。

スタッフの方が顔出しNGの場合でも、歯科医院の撮影を行うことができます。撮影を通じて医院の魅力やサービスを伝える際には、慎重かつ配慮深く行うことが重要です。

近年PR動画撮影のご依頼が多くおすすめです
サンプル